ふすまの張替えなら専門業者に任せて安心!

イメージ一新!ふすまを張替えてリフレッシュ

和室

イメージに合わせてチョイス

住宅設備に欠かせない建具となっているのがふすまです。部屋と部屋を仕切るドアのような役割を果たします。和室や押し入れなどに用いられることが一般的です。日本の伝統的な建具となっていますので、どうしても和風のイメージが強いですが、最近では洋風タイプも増えています。部屋のイメージやインテリアに合わせて最適な物を選ぶことができるでしょう。また、材質によって耐久性は変化するので、選ぶときはどんな材料で作られているかにも着目します。料金は物によってかなり変わってきますが、コストパフォーマンス性を重視して選ぶと失敗が少ないです。予算の目安としては、一帖3000円から30000円が相場となっています。

プロの力を実感!

ふすまは経年劣化によって傷んでくるいわば消耗品です。毎日のように使うものになりますので、汚れやキズなどダメージを受けやすいです。ペットや小さなお子さんがいる家庭では、頻繁に修繕が必要となるケースも目立ちます。自分で張替えることも可能ですが、コツや知識、技術が必要になりますし、完成度に納得できないことも多いです。やはり専門の職人さんや業者に依頼するのがベストだといえるでしょう。スピーディーに綺麗な状態にしてくれますので、施工の違いは歴然だといえます。

業者を選択しよう

どんな専門業者に頼んでいいかわからない場合は、インターネットで検索すると便利です。ふすま張替えの業者を仲介してくれるサービスも登場していますので、スムーズに探すことができます。住んでいるエリアで評判の業者を斡旋してくれますので、安心して利用することが可能です。幾つかの業者から比較検討して決めたい場合は、その旨を伝えると最適な業者を複数紹介してくれたり、最も安く利用できるところを教えてくれたりすることも期待できます。まずは気軽に相談してみるといいでしょう。

[PR]
畳張替えの専門業者!
対応価格がリーズナブル☆

種類一覧

  • 本ふすま
  • 在来ふすま
  • 板ふすま
  • プラスチックタイプ
  • ダンボールタイプ
  • チップボールタイプ
  • ペーパーコア芯タイプ

[PR]
原状復帰なら専門家に依頼しよう
部屋をキレイな状態にしてくれる

コストを抑えるなら?

なるべく費用を抑えたいのであれば、ダンボールを芯にしているタイプを使うといいです。大量生産されていますので、値段が安く手に入ります。軽くて扱いやすいという点も大きな特徴です。ただし、耐久性や強度はやや難があります。何度も張替ると当然コストはかさんできますので、慎重に決めていくことが求められるはずです。もしできるだけ長く使いたいのであれば、値段は高くなりますが本ふすまや、板ふすまにするのがおすすめです。

張替えた理由やタイミングを聞き込み調査!

引越しのため

中古物件を購入して引越しをしたので、すべて既存の物から新しい物に替えました。まとめてお願いしたので、割り引きしてもらえてラッキーでした。

子供のいたずら

男の子の双子がいるのですが、わんぱく盛りで部屋でよくケンカをしたりいたずらをして大変なんです。お絵描きした上に大きな穴を開けたので、さすがに交換しました。

気分を変えたかった

失恋して落ち込んでいたときに、気分を変えるために部屋の模様替えを敢行しました。ふすまは面積が大きいので、かなりイメージが変わってすごく部屋が明るくなりました。おかげで元気になれました。

インテリアを統一するため

和室を洋室にリフォームする際にお願いしました。フローリングにも合うデザインだったので、違和感なく部屋にマッチしています。

[PR]
敷金で原状復帰を行なおう
低価格で利用できる業者を厳選紹介

[PR]
ふすまの張替えはプロに頼もう
仕上がりが取ってもキレイ♪

広告募集中